Origin of the human mind viewed from the study of chimpanzees
Celebrating 20 years of close ties between the University of Strasbourg and Kyoto University
Thomas Ebbesen氏による挨拶
松沢先生の講演
松沢先生が前書きを執筆なさったニホンザルの本「SARU」のサイン会

開催報告:フランス・ストラスブール大学の「京都レクチャー」

フランスのストラスブール大学と京都大学の大学間連携25周年を記念して、ストラスブール大学高等研究院が主催して、「Kyoto Lecture」という連続講義が開催されました。第1回、11月30日、を務めましたのでここに報告します。主催者を代表して、院長のトーマス・エベセン(Thomas Ebbesen、2014年のカブリ賞受賞者、ナノサイエンスの創始者)の挨拶があり、松沢の講演があり、講演後に「SARU」という本(前書きを松沢が書いた縁がある)のサイン会があってお開きになりました。ノーベル賞受賞者や若い学生など約100名が参加しました。今後、北川進さん、柏原正樹さんの講義が予約されているそうです。

—   2016年12月2日、高等研究院特別教授・松沢哲郎

京都大学とストラスブール大学の連携の20周年を記念して、ストラスブール大学高等研究院が"Kyoto Lectures"と冠した連続講演を開催します。その初回に松沢哲郎先生(京都大学高等研究院特別教授)が登壇なさいます。 Prof. Matsuzawa will give a lecture entitled "Origin of the human mind viewed from the study of chimpanzees" as a part of the Kyoto Lectures Series, organised to celebrate 20 years of close ties between the University of Strasbourg and Kyoto University.
Date
November 30, 2016
Place
Auditorium ISIS, Strasbourg
Pour plus d'informations, allez voir http://www.usias.fr/evenements/kyoto-lectures/matsuzawa/
La conférence sera en anglais.
For more information, see http://www.usias.fr/en/evenements/kyoto-lectures/24277/